長崎で税理士・会計事務所をお探しの方のサイトです!経営・税務・財務・給与計算・社保労保諸手続き・経理・節税・相続・起業などなど、私どもにお任せください。資金繰り・事業計画・経営計画・会社設立・財務分析・確定申告・節税対策・税金の事や税務署対応・金融機関対応、 何でもご相談ください。経理指導・会計指導・各種コンサルティングも行っております。

  

会計・税務・総務の専門知識にもとづく高品質のサービスを提供しています。

  
  
  

新着情報
 
H30年05月24日:第38回財務コンサルティング勉強会を開催します。

H30年04月26日:会計・総務お役立ちコラムを更新しました。
H30年04月19日:第34回経営者研究会を開催しました。
H30年03月22日:第37回財務コンサルティング勉強会を開催しました。
H30年03月20日:同族会社の株の贈与や相続が 税負担なしでできる制度ができました
H30年02月22日:第33回経営者研究会を開催しました。
H30年01月18日:第36回財務コンサルティング勉強会を開催しました。
H30年01月12日:新年のご挨拶
 

社員ブログ
 
H30年05月22日:「はじめまして!」を更新しました。
H30年05月15日:「人生で出会う人の数」を更新しました。
H30年04月19日:「熊本地震から2年」を更新しました。
H30年04月16日:「4月」を更新しました。
H30年04月02日:「いよいよ社会保険手続でマイナンバーの利用がスタート」を更新しました。
H30年03月26日:「七十二候について」を更新しました。
H30年03月02日:「3月15日」を更新しました。
H30年01月26日:「厚着で熱中症」を更新しました。
H30年01月18日:「扶養控除の適用改正」を更新しました。
 


 

相続法改正 総論・配偶者居住権

 

相続に関する民法の改正作業が進められています。
昭和55年以来、約40年ぶりの改正となる予定です。配偶者の保護や遺留分制度の見直し等、影響の大きい重要項目が
盛り込まれています。連載でそのポイントを解説します。

 

6つの大きな柱

 平成30年3月13日、改正法律案が国会に提出されました。
「民法(相続関係)等の改正に関する要綱案(案)」(1月16日決定)に基づいて法文化されたもので、改正内容の詳細を知ることができます。
相続関連の改正項目は、大きく以下の6つです。
 

  ① 配偶者の居住権の保護
  ② 遺産分割に関する⾒直し
  ③ 遺⾔制度の⾒直し
  ④ 遺留分制度の⾒直し
  ⑤ 相続の効⼒(権利・義務の承継等)に関する⾒直し
  ⑥ 相続人以外の者の貢献についての考慮

 今回は、①の配偶者の居住権に注目します。
 

新設される配偶者の居住の権利

 今般の改正で、相続開始時点で被相続人と同居していた建物(以下、居住建物)に配偶者が引き続き居住できる権利が新設されます。
これは、被相続人の配偶者を保護する視点で設けられた権利であり、「配偶者短期居住権」「配偶者居住権」の2種類があります。
 
1.配偶者短期居住権
「配偶者短期居住権」は、遺産分割が終了するまでの期間について居住保護する目的の権利です。相続開始とともに当然に発生し、次のいずれか遅い日までの間、配偶者はそのまま無償で居住建物に住むことができます。
  

  ① 分割により居住建物の取得者が確定した日
  ② 相続開始から6ヶ月を経過する日

 
2.配偶者居住権
 一方「配偶者居住権」は、長期の居住権で、居住建物を終身無償で使用・収益できる権利です。相続開始とともに発生する「配偶者短期居住権」とは異なり、次のいずれかに該当する場合に取得することができます。
 

  ① 遺産分割において、配偶者が、配偶者居住権を取得したとき。
  ② 配偶者に、配偶者居住権が遺贈されたとき。
  ③ 被相続人と配偶者間に、配偶者に、配偶者居住権を取得させる
    死因贈与契約があるとき。

 
 配偶者は居住建物の所有者に対し「配偶者居住権」の登記を請求でき、登記することで、第三者に対する権利の主張も可能となります。
 なお、「配偶者短期居住権」「配偶者居住権」は、いずれも譲渡することはできず、配偶者の死亡等により消滅します。配偶者の死亡等によりこれらの権利が消滅した場合、原状回復義務等の義務は、配偶者の相続人が相続することになります。