長崎で税理士・会計事務所をお探しの方のサイトです!経営・税務・財務・給与計算・社保労保諸手続き・経理・節税・相続・起業などなど、私どもにお任せください。資金繰り・事業計画・経営計画・会社設立・財務分析・確定申告・節税対策・税金の事や税務署対応・金融機関対策、 何でもご相談ください。経理指導・会計指導・各種コンサルティングも行っております。

  

会計・税務・総務の専門知識にもとづく高品質のサービスを提供しています。

  
  
  

新着情報  

 
H29年06月01日:新しい経営力向上計画、スケジューリングにご注意を
H29年05月18日:第32回財務コンサルティング勉強会を開催しました。
H29年05月01日:生前贈与?相続?どっちが得?!
H29年04月27日:第29回経営者研究会を開催しました。
H29年04月05日:改めて確認しておきたい割増賃金率
H29年03月16日:第31回財務コンサルティング勉強会を開催しました。
 
 

社員ブログ
 
H29年06月13日:「時代の波」を更新しました。
H29年06月05日:「暑さに負けず」を更新しました。
H29年05月29日:「お客様の定期総会・懇親会へ出席しました」を更新しました。
H29年05月27日:「こどもを持つにはリスクなのか?」を更新しました。
H29年05月27日:「お金と心理学」を更新しました。
H29年05月13日:「SOS」を更新しました。
H29年04月21日:「労働保険の年度更新」を更新しました。
H29年04月14日:「エクセル操作のスピードアップ」を更新しました。
H29年04月10日:「日本と韓国の年齢の数え方の違い」を更新しました。


 

新しい「経営力向上計画」、スケジューリングにご注意を

 中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の認定を受けると、税制上の優遇措置や金融支援など一定の支援措置を受けることができます。今般この支援措置について改正され、新たな支援措置の創設や対象資産の拡大が行われました。平成29年3月15日以降の申請から、新様式で作成します。

 

一定の支援措置

 中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の認定を受けることで得られる支援措置は、従前は次のとおりでした。

・固定資産税の軽減措置
 →一定の要件に該当する経営力向上設備等を取得した場合、固定資産税を3年間1/2に軽減
・金融支援
 →融資・信用保証等
・補助金の優先採択

  改正後は上記に加え、次の税制を適用することも可能になりました。

・中小企業経営強化税制
 →一定の経営力向上設備等のうち、生産性向上設備(A類型)又は収益力強化設備(B類型)の取得等をした場合、初年度100%償却又は一定の
税額控除が受けられる

 

対象資産の拡大

 また、税制の優遇措置を適用できる設備等として、従来の機械装置だけでなく、器具備品や建物附設備なども加わりました。対象設備に関しては、〔参照〕をご覧ください。


 

手続きの基本的な流れ


①の証明書類として、A類型又は固定資産税の軽減措置の場合は、工業会等による証明書が必要です。この証明書は、申請してから発行までに数日〜
2ケ月程度かかります。
 一方、B類型は経済産業大臣による投資計画の確認書が必要です。当該確認書を取得するためには、従前の生産性向上設備投資促進税制に係るB類型と同様、まず投資計画申請前に 公認会計士又は税理士の確認を受けます。また、その後の経済産業局への投資計画の認定申請及び確認書受領までの期間として、数日〜1ケ月程度かかります。
 いずれの場合も、証明書類を取得しないと「経営力向上計画」の認定 申請が行えません。当該認定も一定の期間がかかります。手続き全体を通したスケジューリングに注意しましょう。